7/18(日)9時-13時、急病対応致します。/夏のラジオ体操、わたし児童遊園(必ず親御さんの付き添いでお願いします。)やりませんか?

 

こんにちは、小坂クリニックです。

 梅雨も明けました。夏本番。楽しみな夏休みも、目前です!
 子ども達の学びが、どうか着実に進んでいきますように。
 一生の思い出となる、夏休みとなりますように。

 東京2020大会も、開幕が来週に迫りました。
 感染を制御した大会運営を見守って参ります。
 大会や選手村でお気づきの点は、組織委員会までご連絡下さい。
 晴海の皆様のご要望通りコールセンターが設置されました。
 ➨ 東京2020組織委員会コールセンター0570-09-2020(7/23-8/8、8/24-9/5 全日8:00-22:00 ・大会以外の期間は、平日(土日、祝日を除く)9:00-17:00)
 
 現在、落ち着きをみせるものの、RSウイルスが保育園などで、はやっています。おなかのかぜ、せきのかぜも少し、流行っています。



 「緊急事態宣言」へ、再度、突入しました。
 感染制御と区民活動のバランスについて、所属会派「かがやき中央」から中央区長あてに提出した要望書(【11】)の進捗は、引き続き確認していきます。
 なお、子ども達の夏の行事が中止等起きています。行事の中止に関し、何かお気づきの点ありましたら、教えてください。
 
 夏の恒例のラジオ体操、中止の地域が多いですが、夏休み中の子ども達の規則的な生活と体力維持のため、なんとか、やりたいものですね。
 親御さんの付き添いのもとで、わたし児童遊園で行いませんか?
 7/21(水)~8/20(金)の一カ月の土日祝をのぞく平日、朝6時半、わたし児童遊園でお待ちいたしております。
 大人の目の見守りの絶対数が必要ですので、来られる際は、必ず親御さんの付き添いをお願いします。
 

 新型コロナワクチン接種がはじまっています。
 中央区の正確な科学的情報のもと、接種の是非が選択できることを願っています。当院も医療従事者のかた、ご高齢のかたからはじめ対象者の皆様へ接種を鋭意実施中です。当院での接種がご希望で枠が取れない方には、待機待ちへの登録をご利用ください(【2】)。
 ただ今、報道にもありますように、ワクチンの供給が大変不安定では、ありますが、鋭意、接種を進めて参る所存です。当院でご予約されたかたの2回目は、1回目接種終了後窓口でお取りします。
 
 
 
 ●中央区のワクチン接種体制:https://vaccine-chuocity.jp/
 
 ●変異株と子どものコロナ感染:https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/45cc06df0231814c79476796d451075b

 ●漫画で理解、新型コロナ:はたらく細胞「新型コロナウイルス編」https://www.youtube.com/watch?v=0WZJ32NqWUA

 ●デルタ株の解説:https://www.bbc.com/japanese/video-57493555

(中央区より7/17現在)






 
 
 先日、区内中学校において、学内行事中に、熱中症で倒れた子が多数出て緊急搬送になりました。
 お見舞い申し上げます。
 梅雨明けは、特に熱中症も頻発します。こまめな水分補給、暑さを避ける工夫をお願いします。

【1】日程
New!(1)7月の日曜日、祝日は、急病対応いたします。

●7月

11日(日)、18日(日)、

22日(祝、海の日)23日(祝、スポーツの日)24日(土)25日(日)


時間:9:00-13:00



(2)時間変更(病児保育は通常通り)

 特にありません。



【2】予防接種、極力痛くなく実施が、小児科の役目!

(1)おたふくは、当院では、自己負担分は、無料とします。

(2)当院の乳幼児予防接種は、当院独自の「ブックスタート事業」と連携しています。
  お好きな絵本を、予防接種の機会に、一冊お持ち帰り下さい。

(3)シナジスの接種も対応いたします。

(4)おたふくワクチン及び日本脳炎ワクチンは、入手が厳しい状況が続いています。ご希望の方はメールでお申し込みをお願いします。(この部分の表示は、変わる可能性があります。)
 ➨ おたふくワクチンのお申込み:https://kosaka.clinic/2021/04/19/post-293/
  
   日本脳炎ワクチンのお申込み:https://kosaka.clinic/2021/04/07/post-287/


(5)新型コロナワクチン接種のお申込み
(医療従事者、中央区高齢者、基礎疾患をお持ちの子ども~高齢者ほか接種券のお持ちの全ての中央区民)

 当院でご予約されたかたの2回目は、1回目接種終了後窓口でお取りします。

 現在、7月中の枠がすべて予約で埋まった状態です。申し訳ございません。
 
 当院のご予約は、インターネットからお申込みください。当院の診察券のないかたでも、ボタン「はじめて受診される方」から、予約枠に入ることが可能です。

 ➨ https://www2.i-helios-net.com/pc/hw2_pc_login.php?MID=4825


(6)コロナワクチン補足

補足1、「新型コロナワクチンの待機待ち」のご登録について

 ワクチン接種を行った場合に、当日にキャンセルになるかたがおられ、ワクチンが余る場合があります。
 ご登録いただいた順番に、ワクチンの余裕が出た当日、携帯電話などでご連絡をさせていただき、当日接種時間の調整をさせていただきます。


●対象者:新型コロナワクチンの接種券をすでに手元にお持ちのかた
     (医療従事者と65才以上のかた、2021.06.05現在)


●お申込み方法:

①メールの件名を「新型コロナウイルスワクチン接種の待機希望」として

②接種者名

③医療従事者/高齢者の別

④メールアドレス

⑤ご連絡の取れる携帯などのお電話番号  

以上①~⑤を、小坂クリニック ワクチン専用のメールアドレス:vaccine@e-kosaka.jpまで、お送りください。

注意:
①このご登録は、あくまでも保険のようなものです。ご自身の通常のご予約の日が先に来ました場合には、そちらを優先させてください。
 もし、接種が済まれましたら、この待機待ちのキャンセルも忘れずにご一報をお願いします。

②中央区民のかたが基本的に対象となります。区外のかたの場合、まずは、中央区で接種されることの申し込みを中央区へしたうえで、お申込みください。


補足2、【中央区で本社をお持ちか、中央区内で職域集団接種をお考えの企業の皆様へ】医師捜しにご協力させていただきます。

補足3、中央区内医療関係者の皆様へ、新型コロナワクチン余剰の情報を共有しませんか?

なお、余剰ワクチンの情報は、こちらで共有します。

中央区コロナワクチン余剰等情報 @VlHaQqXbo49wZpG


補足4、 在宅で療養中のかたへもご相談いただければ、往診して接種の対応をいたします。


【3】コロナの検査
(1)保険の場合、検査代は、無料となります。小児は無料となります。

 PCR検査を最短1時間程度で判定致します。

 診断を早くつけ、感染制御につなげて参りましょう。


(2)自費のだ液PCRのご案内(検査日当日の結果)

 帰省やご高齢のかたにお会いする前に調べておきたいという自費のだ液PCR検査にも当院も応じています。

 ⇒ だ液PCR検査、自費(1万円税込み)での実施について https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/aa8162215cbecc319043cedcdf81d9eb
 
 申込:03-5547-1191 小坂クリニック

 検査の流れ:検査日の当日9時半までにご来院いただき、だ液を採取。当日の午後18時以降に、お電話をいただき、結果をご報告します。

 なお、診療においては、適切にコロナのPCR検査(保険適用の場合は2000円程度・子どもは無料)へとつなげております。

 (3)新型コロナウイルス感染症の感染・発病時の相談先


【4】花粉症、食物アレルギーご相談下さい。
(1)花粉症のお薬処方致します。12歳以上で条件があえば、注射による治療も可能です。

(2)食事制限表など記載します。

*アレルギーについての参考:国立成育医療研究センター資料
https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/allergy/allergy_achievement.html

(3)食事アレルギーの「ひやりハット集」:藤田医科大学

http://www.fujita-hu.ac.jp/general-allergy-center/activity/%E3%81%B2%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%BA%8B%E4%BE%8B%E9%9B%862021.pdf

【5】健康教育を!

(1)生と性の教育
 
 性について学ぶ、たいへんわかりやすい動画です。ぜひ、ご覧ください。
 → https://www.youtube.com/watch?v=JafLDZ1mem0

(2)新たな学年で、内科検診も実施されます。
 
 当院でも、進学、進級のこの機会に、健康点検を行っています。
 自分の体、そして健康への気づきにつながりますように!

(3)ご入院の際の学びの継続、ご相談ください。不登校の児童・生徒の学びでも、オンラインで出席を。

 できるように学校と調整をしますので、ご相談下さい。

→ 入院中で学校で学びたくとも学べない病気の子の学びの継続、中央教育審議会答申(令和3年1月26日開催、第127回中央教育審議会総会)


(4)事故は防げます!予防を。

兄弟姉妹がいる中での、乳幼児の事故に注意。親御さんがきちんとされていても、上のお子さんが事故の原因をつくることも。


(5)4月から、一人一台、タブレット端末配布が実施。

 一つ学びのツールが増えました。
 これで、一斉休校になったとしても、学びの継続が可能になります。
 学校と家族との事務連絡も、簡単に。

 ただし、そのようなスマホやタブレットによる学びや健康への影響は注意すべきことでもあります。

 親御様におかれましては、以下の本の一読をお勧めいたします。

 *アンデシュ・ハンセン 久山葉子訳 『スマホ脳』新潮新書 2020.11.20 980円+税

ご参考:
大阪市立木川南小学校  校長 久保 敬先生からの提言。「生き抜く」世の中ではなく、「生き合う」世の中でなくてはならない。

PC1人1台で学力低下? 「最低レベル」日本を救う道 佐藤学東大名誉教授




(6)佐伯恵太氏による子ども向け番組!

New!7月銀河で恋バナ!?かわいい銀河にカッコイイ銀河!好きな銀河を見つけてみよう!#七夕【らぶラボきゅ〜】

➨ https://www.youtube.com/watch?v=TsGUfT4ZnvQ

(7)学びは、ネットからもできると思っています。それも無料で。

 ネットでであった勉強になる講義は、こちらでご紹介していきます。
https://blog.goo.ne.jp/kodomogenki/e/d19e38c06b7a9885c0a4f194cb4d4528


New!(8)令和3年10月10日中央区民マラソン 参加申し込み〆切7/20デス!

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/r03/030701/02_01/index.html



【6】心理・発達相談を実施中。

 発達のご相談、いじめ・不登校のご相談、なんなりとお持ちください。

 ZOOMでのご相談対応も致します。

 7/6(火)、7/13(火)、7/20(火)、7/27(火)10時-16時、相談お受けします。

 ご予約は、当院へお電話下さい。03-5547-1191

【7】病児保育 鋭意、実施中。

 全員に、抗原検査を実施し、新型コロナウイルス感染ではないことの確認後、ご入室いただきます。
 
 預かる子ちゃんから、ネットでご予約お願いします。

 ご予約:https://azkl.jp/facilities/2011



New!【8】これだけは知っておいてほしいと考えますこどもの健康に関する情報を手作り発信しています。

第5回こどもカフェ

8月16日(月)12:15-13:00

テーマ:コロナ禍のこどもの急病について

講師:私、小坂和輝

対象:子育て中のかた、子育てに関心のあるかた、保育士・幼稚園教諭・保育教諭などの他、子どもたちの育ちに関わっておられるかた、どなたでも参加可能です。

参加費:無料

お申込み:genkids1@yahoo.co.jpへ、件名「こどもカフェ参加申し込み」として、①お名前と住所(差しさわりなければ市・区まで、例:東京都中央区)②ZOOM参加の際のメールアドレス③参加理由をご連絡願います。追って、ZOOMの接続URLをお伝え致します。

なお、ZOOMご参加の際は、顔出しの有無やハンドルネームはご自由に。

【9】小児医療の課題

4月の第124回日本小児科学会学術集会で話題になりました小児医療の課題の一部をピックアップいたします。

1,メディアとの平常時での関係性を築く。正確な医学情報が世間に伝わっていくために。

2,小児虐待に対し、充実させるべき制度や課題。

3,子ども達の遺伝医療、がんゲノム医療とともに重要!遺伝子解析が進んできており、医療者は、誰もが、遺伝リテラシーを高める必要性

4,小児科の観点からの災害への備え、『災害時小児周産期リエゾン』と日ごろからのネットワークと備蓄・準備

5,がんゲノム医療の課題

6,キャリア教育、小中高、大学など各ステップで受けられるように。



【10】区政へのご要望

区政に対し、なにかご要望がございましたら、ぜひ、メールなどでお届け下さい。

メール:小坂和輝  kosakakazuki@gmail.com

●令和3年度は、企画総務委員会委員、子ども子育て・高齢者対策特別委員会委員として、中央区議会の委員会活動に参加致します。
 企画総務委員会は、中央区の方針や補正予算を審議する重要な委員会です。

銀座築地周辺の街づくりの方向性、中央区の考え方



「第11次中央区交通安全計画(中間案)」に対するパブリックコメント募集されています!〆切7/15まで。

➨私が提出した意見書:「第11次交通安全計画」の「中間案」に対するパブリックコメント

New!●久松幼稚園、移転の問題

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/r03/030701/02_03/index.html

➨ご意見等ございましたら、メールでください。


●今、中央区議会では、民生委員の政治的な中立性が歪められる可能性のある大事件が生じています。たいへん残念ではありますが、そのようなことが起きぬように、議長に申し入れをいたしました。なんとか、中立性を歪められない形への着地できました。
 なお、一般質問においても、取り上げました。
 
私の一般質問の動画、喫緊の区の課題➨ http://www.chuo-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=209

全文➨ 令和3年6月18日に中央区議会第二回定例会本会議一般質問で質疑した内容の原稿(全文)



【11】中央区議会の4人で構成している会派「かがやき中央」から、緊急事態宣言の延長をしたことに伴い、要望書を5月14日に中央区長あてに提出いたしました。








【12】月島第一小学校の教室数不足等の問題を孕む月島三丁目再開発問題

 月島三丁目南地区の住民が、その超高層マンション計画に対し、月島を守るため立ち上がっています。

 2018年8月に提起された都市計画決定の取消しを求めたものに引き続く、事業計画決定の取消しを求める裁判。

 第一回公判が、7月16日東京地方裁判所703号法廷で開かれました。

 弁護団と住民の皆様が行った記者会見映像はこちらから。

 ➨ https://us02web.zoom.us/rec/share/9ErhsexWnfzR4F-Or0x73ZjjZEQpC0SHvVGhpQLmcvBiZdCEO59a7AFPWV-C5fIT.0yusVkY2U6-UlpqH 

 パスコード: Qw.y5UUf



以上

文責:小坂こども元気クリニック・病児保育室 院長 小坂和輝
   東京都中央区月島3-30-3ベルウッドビル2~4F 電話03-5547-1191
   メール kosakakazuki@gmail.com
   クリニックホームページ:http://kosaka.clinic/